読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京王堀之内で体操教室〜肩こり・腰痛・ひざ痛〜

京王堀之内駅徒歩3分。長池ビア4階『クオレ』。毎月一度、体の知識を学びながら痛みをコントロールするための体操教室を開催中です。

【整形外科と接骨院の違い】理学療法士 石渡雄次

こんにちは。

トレーナーチームEsperanza代表、理学療法士の石渡です。

f:id:yujiEsperanza:20170323153109j:image

今回は【整形外科と接骨院の違い】について。

怪我をしたらどこへ行ったら良いのか?、、、ということを悩まれている方は多くいらっしゃると思います。

今回は整形外科と接骨院の違いをテーマにお話ししたいと思います。

 

シンプルに言うと

医者(Dr.)がいるのが整形外科

柔道整復師がいるのが接骨院です。

 

レントゲンなどの設備が充実しているのは整形外科です。

一方で、骨折、挫傷、捻挫、交通事故などの処置を行うのが接骨院です。

ちなみに本来は慢性的な肩こり&腰痛などは医療保険の適応外ですが、診断名をつければ保険が適用されます。

※これらは公的医療費(税金)からまかなわれているため近年では、審査が厳しくなってきており場合によっては対応してもらえません。

その場合は、保険外(自費負担)のマッサージ屋であったり、整体師が行う整体を受けるのが本来の流れになります。

 

では、本題の怪我をしたらまず始めにどこに行くべきか?ということに関して。

 

私は理学療法士という資格を持っていますが、その立場から言うと接骨院に行く前に整形外科に行って欲しいというのが本音です。なぜなら、1番大事なのは重篤な症状が潜んでいないかチェックする必要があるからです。

 

痛みは体からの信号(サイン)です。

慢性的に抱えていた肩こりや腰痛が実は重篤な病の前兆であったりすることもあります。その場合には設備の整った病院を紹介できる流れが必要となります。

 

原則として医師はレッドフラッグといってそれらを判断するような習慣を身につけています。またすぐにそのような症状があれば病院へ紹介状を書くこともできるので、まずは整形外科を受診して欲しいと考えています。

整形外科に行って、ひとまず命に関わるような重篤な症状ではないことを確認したのち接骨院や整体、マッサージなどを受けるようにしてください。

 

理学療法士が教える体操教室です。↓

f:id:yujiEsperanza:20170323153229j:image

京王堀之内 体操教室

1レッスン ¥3,000(90分)

参加申し込み、お問い合わせはこちら↓

https://horinouchi-taisou.jimdo.com/

TEL:080-1083-7294(担当・石渡)

 

月に1度のペースで開催しております!

予約は上記お問い合わせからよろしくお願い致します(^^)